水道管凍結を防ぐための具体策~水道修理リスクを回避しよう~

水道管が凍結した時に起こること~水が使えなくなることでの問題~

雪国では定番の3大水道管凍結対策

水のチョイ出し
水道の凍結は、水道管内で水が長く留まることで起こります。つまり水が流れていれば、配管の中で水が凍結してしまうことを回避できるのです。ですから、水をチョイ出ししておくことで、家庭で簡単に水道管の凍結を防げます。
水抜き
水抜きは、水道管凍結によって配管が破裂することを防ぐ方法です。水の元栓を閉めて、水道管内の水をあらかじめ全て抜いておけば、凍結する水自体を取り除き配管の破裂を防げます。ただし、この方法は水道管の破裂を予防する方法であり、水道自体は完全に使えなくなるため注意しましょう。
水道管の保温
給湯器周囲の水道管は、外気によって冷やされやすいため、気温が下がると凍結する場合があります。そこで、外気による影響を防ぐために保温材を巻き、水道管の保温を行なうことで凍結を防ぐことができるでしょう。建物によっては保温剤を巻きにくい場所に水道管がある場合もあります。どうしても保温が難しい場合は、水道修理の業者に依頼するとよいでしょう。

まとめ

2人の作業員

水道管凍結の対策は個人でも十分行なえます。凍結が起こりやすい地域に住む人は、特に覚えておいて損はないでしょう。しかし、もしも水道管が凍結してしまい、水道管に損傷があった場合などは、早急に業者などに相談をする必要があります。

凍結によって水道管に損傷がある場合

水道管凍結によって配管が破裂した場合、内部の水が完全に凍っているとは限りません。水は凍結し始めると徐々に体積を増してしまうため、凍りかけた段階で破裂が起きることもあるのです。破裂が起こると配管内の水圧によって水が勢いよく吹き出すため、元栓を締めてから配管を交換しなければ直すことはできません。水道管の損傷によって大量の水が漏水していたら、まずは慌てず冷静に水の元栓を閉め、水道修理を行なう業者に修理を依頼しましょう。

TOPボタン