水道修理業者オススメの機器~配管ヒーターで水道管凍結防止~

水道管が凍結した時に起こること~水が使えなくなることでの問題~

冬になる前に準備しよう~凍結防止ヒーターの使用方法~

東北地方や北海道などの雪国では、水道管凍結を防ぐために「凍結防止ヒーター」を使用しています。大寒波によって水道管凍結による問題に直面したという人は、雪国でのこうした対策方法を参考にしましょう。

凍結防止ヒーターを取り付けて水道修理とは無縁の生活を

凍結防止ヒーターとは、簡単にいえば配管に巻きつけて温められる電熱帯のことです。このヒーターの利点は、コンセントを入れることでいつでも配管を温められるという点にあります。水道管凍結によって水やお湯が出なくなった時、このヒーターを使用すれば、すぐに凍結を解消して水が使用できるようになります。保温チューブと一緒に手軽に取り付けることができるので、もしも凍結した場合に備えて取り付けておくとよいでしょう。

水道修理業者オススメの凍結防止ヒーターにしたら・・

取り付けも短時間で終わり、1年中そのままでも大丈夫(40代/専業主婦)

私の家ではよく水道管の凍結が起こります。保温チューブをしっかり給湯器の水道管に巻いているのですが、強い寒波に襲われるとそれでも凍結が起きてしまうのです。ある時水道修理業者の人に相談したところ、凍結防止ヒーターという便利なアイテムがあるとのこと。すぐに取り付けを依頼したところ、ほとんど時間を掛けずに設置してくれました。今ではヒーターのお陰で水道管が凍結することもなく、冬も安心して暮らせます。

水道修理業者が教えてくれた凍結防止ヒーターで節電に成功(30代/サラリーマン)

我が家では家の購入当初から、水道管の凍結を防ぐヒーターが備え付けられていました。水道管の凍結を防ぐ便利な機器なのですが、使用するとどれだけの電力を消費しているのかずっと気になっていたんです。そこで、知り合いの水道修理業者に相談したところ、「電気代が気になるなら、節電ができるタップをつけようか?」ともちかけられました。ありがたい申し出だったので取り付けてもらうと、たしかに冬の電気代が去年より安くなっていました。冬はたくさんの電化製品を使うため電気代が高くなりやすいので、この節電タップは大変ありがたいですね。

凍結防止ヒーターの取り付けは水道修理業者へ

修理

凍結防止ヒーターは、正しく取り付ければ水道管凍結に高い効果をもたらします。しかし、配管に巻きつけたヒーター同士が接触していた場合や、ボイラーなどの熱源に近い場所に取り付けている場合など、漏電や温度の急上昇により、火災が起きる可能性があります。そうなると、死亡事故へ繋がりかねません。ヒーターを取り付ける場合、一度も施工を行なったことがないという人では、こうした事故が起こりやすいものです。取り付けを行なう場合、必ず水道修理の業者に依頼しましょう。

TOPボタン