冬に発生する水道管凍結問題【水道修理業者に電話しよう】

水道管が凍結した時に起こること~水が使えなくなることでの問題~

冬に発生する水周りトラブル~水道管の凍結で水道修理業者は大忙し~

水道管

毎年寒波が到来すると、多くの人が懸念するのが水道管の凍結です。水道が使えなくなり、キッチンでの調理やお風呂、トイレといった設備が使えなくなるため、日常生活に大きな負担が掛かります。しかし、そもそもこの水道管の凍結はなぜ起こるのでしょうか。普段は忙しい水道修理の業者さんに特別に話を伺いました。

水道修理業者が凍結する原因を解説

どうして水道管が凍結するのか教えてください
水道管が凍結する原因は、やはり「気温の低さ」ですね。水道管は基本的に温度が保たれやすい地中に埋設されていますが、気温がマイナス4度以下となると注意が必要となります。マイナス4度を下回ると、地中温度も水が凍るほど低くなるため、凍結が起こりやすくなります。特に雪が降り積もり、なかなか溶けずに残っている場合、地面が氷点下に近い温度であるとわかるので要注意です。ちなみに、地中の水道管よりも、凍結しやすいのが給湯器へ伸びる水道管です。給湯器内部には凍結予防のためのヒーターがありますが、給湯器へ水を供給する配管は温めることはできません。寒波が起こるとお湯だけ出ないといった現象が起こるのは、こうした箇所の水道管が凍結するからなのです。
凍結した水道管はどうなりますか?
水道管の内部の水が凍結すると、水が液体から固体へと変化し体積が膨張し、水道管にダメージを与えてしまいます。凍結している間は異変には気づきづらいものですが、水が流れるようになると、水道管の破裂によって大量の水が吹き出すといった問題が起こるのです。地表にある水道管が破裂した場合、周りに大量の水が吹き出すことで、家への腐食や室外機器の破損などが起こります。また、地中の水道管が破裂した場合、気づくのが遅れると地盤沈下などを引き起こす可能性があるため、注意しましょう。

水道管を凍結させてしまった人たち

水道管が凍結すると家事ができなくなる(40代/女性)

私が住んでいる地域には大きな山があり、冬になると厳しい山おろしが吹きます。そのせいでよく水道管が凍ってしまい、家事が全くできなくなってしまうのです。給湯器の水道が凍ってしまうと、お湯が出ないのでお風呂に入ることができなくなることもしょっちゅうあります。寒波が襲ってきた時は地中の水道管まで凍ってしまったらしく、水が出なくなったことで料理や洗濯機、トイレまで使えなくなってしまいました。さすがにこのままではまずいと思い、急いで水道修理を依頼しましたね。

朝に起きたらトイレもシャワーも使えない(30代/男性)

水道管の凍結によって、冬場の朝に慌てたことがあります。朝起きて顔を洗おうにも、水が全く出ないため行なえません。さらに、トイレの水も出なくなってしまい、一体どこで用を済ませるべきか非常に悩みました。結局トイレは近所のコンビニで済ませ、シャワーや歯磨きをせずに出社することにしました。水道が使えないのは本当に厄介な問題です。

もしも水道管を凍結させてしまったら

蛇口はひねってはいけない

水道管が凍結するほど気温が低い場合、蛇口の中の水も凍結している可能性があります。もしも蛇口をひねり水が出てしまった場合、蛇口内部のパッキンが水で暖められ、急激に膨張して破損してしまう可能性があるからです。蛇口の中のパッキンは水の水量を調節する部品です。この部品が壊れると、水を止めることができなくなるため、水道修理を行なう業者に直してもらう羽目になります。

応急処置をしてみる

水道管が凍った場合、多くの人はお湯を掛けて溶かせばいいと考えます。しかし、ここで熱湯を掛けるとかえって配管に大きな負荷を与えてしまい、水道管を破裂させる可能性があるため注意しましょう。お湯を掛ける場合、ぬるま湯程度の温度を水道管に掛けるようにしましょう。また、凍った水道管の周りにタオルを巻くことで、配管の急激な温度上昇を防ぎ水道管の破裂を防ぐことができます。他にも、凍結によってお湯をつくる水自体が得られない場合、ドライヤーを掛けて温めるのも効果的です。

TOPボタン